News

2021.04.19

マツバラハウス「iFデザインアワード2021」を受賞

 株式会社シマダアセットパートナーズ(本社:東京都渋谷区 代表:佐藤悌章)の収益物件「マツバラハウス」が、 国際的に最も権威ある「iFデザインアワード2021」(建築部門)を受賞しました。 「2020年度グッドデザイン」に引き続き、 2つ目のデザイン賞となります。

◆受賞作品

「マツバラハウス」 https://shimada-sap.co.jp/works/matsubarahouse/

 

◆「iF デザインアワード」とは

ドイツのiFインターナショナル・フォーラム・デザイン(iF International Forum Design GmbH)が1953年から主催する世界的なデザインアワードの1つで、IDEA賞(アメリカ)、レッドドット・デザイン賞(ドイツ)と並び「世界3大デザイン賞」と呼ばれている。プロダクトはじめ、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン、建築、インテリア・内装、プロフェッショナルコンセプト、ユーザーエクスペリエンス、ユーザーインターフェースの9つの分野で構成される。

 

一覧へ戻る