2022.04.01

パスポート紛失記!

社員研修旅行の帰国直前にパスポートを紛失するという大失態を犯してしまった男の顛末。
彼はどのようにして帰国に至ったのか、
バリでパスポートをなくした方の一助になれるよう、事細かにその真実を記載しよう。
※実際の旅行はコロナ以前の出来事です

シマ報 > 旅行事業 > パスポート紛失記!
Summary
  1. ない!パスポートがない!!
  2. 翌朝、パスポートが見つかる夢を見る(泣)
  3. ひとりぼっちのバリ観光
  4. 帰国の途へ、 そして拍手での出迎え

ない!パスポートがない!!

事の始まりはバリ最終日の夜。

皆でホテルロビーに集合していた際、パスポートを確認しようと思ったら。。

 

ない。

パスポートがない。

 

頭をフル稼働させて記憶をたどってみたところ、部屋の机の上に置き忘れてきたことに気づく。

まぁそれだったら、あるよね。

という具合でかるーく考えていました。

 

フロントに行き、状況を伝える。

しかし。。

待てども待てども、出てこない。

 

ざわ・・ざわ・・

 

嫌な予感しかしない。冷や汗が止まらない。血は逆流、胃まで痛んでくる・・。そんな心境。。

祈るような気持ちで待っていました。

 

が、駄目っ・・・!

 

無情にも時間は経過。

空港へ向けたバスも、皆を乗せて出発してしまいました。

どうやら、清掃スタッフの人が間違って?パンフレットに紛れた私のパスポートを捨ててしまったようです。

 

 

皆は帰国の途へ、添乗員の川口さんには、残ってもらうことに。

その後、帰りのチケットの予約変更のため、一旦空港へ。

その日は、空港近くのホテルに宿泊しました。

翌朝、パスポートが見つかる夢を見る(泣)

翌朝。パスポートが見つかった夢を見ました(泣)

しかし、現実は非情です。ないものはない。

朝ごはんもほとんど喉をとおりませんでした(大嘘)

 

パスポートを紛失した際、

日本に帰国するためには「帰国のための渡航書」というものが必要になります。

これは、日本への片道切符のようなもので、1回限り有効になります。

 

皆さん、パスポートを紛失したらまず何をすべきか、ご存知でしょうか?

 

答えは『警察署に行く』です。

警察署に行って、まず『紛失証明書』を発行してもらいます。

 

流れを簡単に説明すると

警察署へ行き『紛失証明書』を発行(約500円)

写真屋さんで証明写真撮影(2枚必要 約400円)

日本総領事館で渡航書(仮パスポート)の申請(約3,000円)

入国管理局(イミグレーション)での出国許可(無料)

 

上記流れを経て、初めて渡航書を使用でき、帰国可能となります。

 

 

ひとりぼっちのバリ観光

川口さん、現地ガイドスタッフの方に付き添ってもらいヌサドゥアにある警察署へ。

 

警察官に日本人だと伝えると、ワールドカップ敗退のことをとっても慰められました。

むしろパスポートをなくした方を慰めてほしかったのですが。。

 

そんなやりとりをしながら、いろいろと書類に記入をしていきます。

 

中には『宗教』なんて項目も。

やはりお国柄を感じさせますね。

無宗教だと伝えても

 

 

警『お前、日本人だな!じゃあやっぱりあれだ、仏教だな!』

 

私『いや、だから無宗教だって』

 

警『そうか、日本人だもんな!じゃああっちか。神道だな!』

 

私『ちょ、だから人の話を聞けよ!』

 

 

どうしても宗教を聞きたいようです。

仕方ないので『shinto』と記入しておきました。

 

そうこうしている間に無事『紛失証明書』を入手!

 

 

 

次に向かうのは写真屋さん。

意外と早くて、ものの5分くらいで写真ができあがりました。

この証明写真が、渡航書の申請に必要なのですね。

 

 

次はデンパサールにある日本総領事館へ向かいます。

現地で対応してくださったのは日本人の方でした。日本語が通じるって幸せです。

 

 

『紛失一般旅券等届出』という書類に記入をしていきます。

聞いたところこの書類は日本で紛失した際も同様の書式とのこと。

すべて日本語で記入していきます。

 

そして、待つこと数十分、仮パスポートが発行されます。

この仮パスポートが発行された時点で、元のパスポートは失効されるようです。

 

しかし、この仮パスポートだけでは、日本には帰れません。

どうやら、パスポートをなくすと、その国(インドネシア)に入国したという記録も同時になくなってしまうんですね。

なので、イミグレーション(入国管理局)へ行き、特別に出国の許可をもらう必要があるのです。

 

再度、ヌサドゥアにあるイミグレーションへ。

ここでも簡単な書類の記入、質疑があり、なんとか出国の許可をもらいました。

 

 

帰国の途へ、
そして拍手での出迎え

ホテルに帰る際に、お世話になった川口さんとランチ。

時間がかなりあまったので、癒しを求めて、ガイドさんおすすめのスパへ立ち寄りました。

我々は旅の疲れを癒すため、3時間半コースをお願いしました。

もちろんお代はすべてワタクシが払わせていただきました!

 

無事、その後は夜の飛行機で日本へ。

通常のパスポートではないので、

ゲートを通過する際、ちょっとドキドキしましたが問題なく帰国できました!

 

そして次の日、一日遅れで出社。皆さんに温かい拍手で出迎えられることに。

 

最後に

お礼を述べて締めたいと思います。

 

島田社長

あらためて、今回の社員研修旅行に参加させていただき、ありがとうございました!

普段できない貴重な体験(笑)をたくさんすることができました!一生の思い出です!

 

川口さん

なんと言っても一番迷惑をおかけしました。

そして一番この旅行で助けられました!

本当に気を遣わせてしまいした。

川口さんがいなかったら本当に厳しかったです。

ありがとうございます!

 

同部屋だった高橋さん

同部屋だったことで「お前がもってるんじゃないか」と疑われたと聞きました。

とんだ疑惑をかけてしまい申し訳ない!

そしてありがとうございました!

 

幹事の皆様

トラブル続きだった今回の旅、最後の最後でとんでもない爆弾を投下してしまいました。

本当にご迷惑をおかけしました。

そしてありがとうございました!

 

その他、励ましの連絡をくださった皆様、本当に気持ち的に楽になりました。

本当にありがとうございました!!

 

おしまい

Related Articles